むねきよ 皇一

内閣府大臣政務官兼
復興大臣政務官

むねきよ 皇一

ブレない政治で
日本の未来予想図をえがく

自由民主党

「政治は国民のもの」

自民党はこの立党の精神を基本とし、内外情勢の変化に怯むことなく挑戦し、先人の智恵に学び、謙虚に国民の皆さまの声に耳を傾け、安心・安全な日本を築くために邁進しています。

自由民主党ロゴ

ご挨拶(令和4年1月)

先の衆議院選挙において3期目の当選をさせて頂くことが出来ました。皆様への感謝の気持ちと、大きな緊張感をもって職務に精励しています。
現在、第二次岸田内閣において、内閣府大臣政務官、復興大臣政務官を拝命しています。内閣府では、「経済財政政策」「経済再生」「新しい資本主義」「新型コロナ対策・健康危機管理」「全世代型社会保障改革」等を担当し、金融庁では、「金融行政全般」を、復興庁では、「東日本大震災の復興」、加えて「沖縄及び北方対策」を担当しています。微力ですが、ご期待に全力で応えてまいります。
我が国の未来は、現在を生きる我々の決断と行動によって決まります。皆様と共に、次の世代への責任を果たし、世界に誇れるような日本の未来を切り拓いていきます。

もっと見る

想い描く未来予想図

「日本のために、何ができるのか」

いま、世界は激動の時代です。複雑で、不確実で、先が見えにくい時代です。また、気候変動や少子高齢化、人口減少等、内外で解決すべき多くの政治課題は山積しています。これらの問題に正面から取り組みます。

「次世代のためにできること」

私も二児の父親です。有権者として声を上げることができない次世代の意見を国政で提案し、持続可能な財政と社会保障制度を作り上げていきます。批判を恐れず、勇気をもって真実を語り、我が国の未来を担う⼦どもたちの可能性を広げます。

「大阪・東大阪とともに歩む」

大阪・東大阪市は、私のふるさと、そして、政治の原点です。
地元の皆様のお声を国政に反映することで、生まれ、育てて頂いた大阪・東大阪の発展に全力を尽くします。

重点政策

宗清皇一 (むねきよ こういち)

宗清皇一 (むねきよ こういち)

内閣府大臣政務官兼 復興大臣政務官、衆議院議員(現3期)

1970年8月9日、東大阪市生まれ。大阪府立 花園高等学校卒業 、龍谷大学 文学科英文学卒業後、民間企業勤務を経て、1997年より塩川正十郎氏の秘書を務める。

2007年4月、「大阪経済の再生」「教育日本一」「安心・安全な大阪」を政策に掲げ、大阪府議会議員選挙に初当選、2011年に自民党大阪府議会議員団 政務調査会長就任。

2014年12月、衆議院議員に初当選

2020年9月、経済産業大臣政務官、閣府大臣政務官(2025大阪・関西万博)を歴任。

現在、自由民主党大阪府支部連合会会長

もっと見る

LINEにて皆様の生活に役立つ情報を発信しております。

月に2回程度国会の報告などを送らせてもらいます。

是非ともご登録お願い申し上げます。

こちらのQRコードから
ご登録できます。
QRコード
ページトップへ